新築狭小住宅のメリット

取得コストを抑えられる

新築狭小住宅は、居住スペースが限られるという点は否定できないものの、場合によってはそれを上回るメリットが得られるケースがあります。いくつかあるメリットの中でも特に大きいのは、一般的な広さの住宅に比べて取得に必要となるコストを大幅に抑えることができるという点です。狭小住宅の場合には10坪程度の広さの土地があれば十分に建築可能ですので、例えば、単純計算で30坪の土地に建てる住宅と比べて、土地価格は3分の1で済みます。地価が安い地方だとそこまで大きな差ではないかもしれませんが、坪単価が100万円を超えるような都市部においては、数千万円単位の節約につながる場合もあるため、このメリットは決して無視できないでしょう。

維持コストも安くなる

新築狭小住宅のもう一つのメリットは、維持に必要となるコストを安くできるという点です。狭い土地で足りるために固定資産税も抑えられますし、建物自体もコンパクトであるケースが多いため、メンテナンスコストもそこまで多くはかかりません。また、狭小住宅の場合には、スペースが限られるため、エクステリアも必要最小限のものしか設置しないのが通常ですが、それも維持コストを抑える方向に寄与します。このように、狭小住宅にすることによって節約できるコストは数多くありますので、もし建築完了後の支出を少しでも抑えたいと考えているのであれば、多少スペースを犠牲にしてでも狭い土地に家を建てるという選択肢を排除すべきではないでしょう。