新築狭小住宅のデメリット

意外にコストがかかる可能性がある

コンパクトな暮らしができると最近人気の狭小住宅ですが、狭小住宅を建てるときは意外なところでコストがかかる可能性があります。特に狭小住宅で固定費を抑えたいと思っている人は、建築時にかかる費用についてしっかり把握しておきましょう。まず狭小住宅は限られた土地の上に建物を建てることになるため、内装をかなり工夫する必要があります。考えなしに建ててしまうと、単に狭い暮らしにくい家になってしまうのです。少しでも広く使うためにはよく考えた上で内装を決めていく必要があり、その工夫を実現するために費用が高くなってしまうケースがあるのです。また、狭小住宅を扱っている工務店がなかなか見つからず、見つかっても希望通りの家造りができないケースもあります。

工事に関する費用が高くなるケースも

狭小住宅の周囲には、同じような狭い土地に建っている家がたくさんあることが多いです。道路も道幅が狭いことが少なくありません。そんな環境で家を建てるのはなかなか骨が折れる仕事です。道が狭いと大きな重機が入りにくくなりますし、足場も組みにくい可能性があります。人件費や建材の輸送費が高くなり、結果トータルでかかる費用が大きくなってしまうのです。また、狭小住宅は少しでも生活スペースを広げるために、3階建てにすることが多いですが、そうなると2階建ての家よりも地震対策をしっかりと行う必要があります。建物が上に伸びるとバランスが悪くなり揺れを感じやすくなるからです。建物の強度を上げようとすれば、当然費用がかかることになります。