新築狭小住宅の選び方

快適に暮らせるか考えてみよう

新築の狭小住宅を建てるという人は、住宅そのものに求めるこだわりより、周辺アクセスの利便性を重視している傾向があります。狭小住宅最大のメリットは、都心などの地価が高いエリアにリーズナブルな費用で家を建てられることです。大都市の都心部では注文住宅の建築費用の大半が土地代というケースが少なくありません。

狭小住宅は狭い土地に建てることになるので、三階建てにして居住スペースを増やすという方法が一般的です。階数を増やせば部屋数も増やせるので、プライバシーを守るためにも好都合です。室内にはデッドスペースが生じないように工夫し、適切な場所に収納を設けることがポイントになります。スペースに余裕がないからこそ、スペースのムダをなくす工夫が必要になるわけです。

新築狭小住宅は住宅設計を慎重に

狭小住宅を建てるときは、特に住宅設計が重要な意味を持ちます。住宅設計は利便性を追求するため、そして住んでから後悔しないために必要です。新築狭小住宅の間取りにおいては、いかにシンプルを徹底するかがポイントです。複雑な間取りにすると、室内を普通に移動することすら大変になる場合があります。特に家族の人数が多ければ多いほど、間取りはシンプルに徹する必要があるでしょう。

家造りといえば建物ばかりにこだわりがちですが、キッチンや洗面所、家具などの配置場所にも配慮してください。生活動線をスムーズにするには、設備の配置をシンプルにし、室内における移動距離を短縮することが重要です。また各種設備は大きすぎるサイズを選ばずに、適度なサイズに抑えるようにしましょう。